ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
網膜便り8月16日(最終回)

退院しました。
今は埼玉の行田の自宅にいます。

病院を後にしてから、なんだか本当に結構もの悲しくなりました。本当に本当にお世話になりました。

これからは自分で頑張らないと。
不安もいろいろあるけど、それよりも希望・想像・妄想のほうがフツフツと込み上げてきます。

この入院中にまたいろいろな出会いがありました。一期一会のものもあるかもしれないし、これからも続くものもあるかもしれません、わかりません、わかりませんけれども自分の中には温かいものがしっかり残っています。

やりたいことがいろいろあります。
いろいろやります。

網膜の治療はこれからまだまだ続きますが、網膜便りはこれで最終回です。読んでくれていた皆様、ありがとうございました。入院中、これを書くことで解消されていた感情は確かにあったと思います。いつもコメントもありがとうございました。とても力になりました。

これからまた 基本的にはのんびりと たまにググッと 楽しいことをたくさんやっていきたいと思っています。

それでは、これにて、網膜便りを終了します。
ありがとうございました◎

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
網膜便り8月14日

コメントありがとうございます、力になっています、それぞれ返せずごめんなさい。

今朝の回診にて、退院が早まりました。明後日日曜日の夕方に退院になります。これでもやっぱり秩父は無理か、、残念、、

退院です。

いざ退院を告げられると、ふいに、医師や看護士たちと会わなくなることに寂しさを感じてしまうのは、僕の病気が大したことなくて入院もめちゃくちゃ大変ということではなかったからなのかな。なんだかんだで何から何まで世話をしてもらいました。
それは医師や看護士だけじゃなくて、そうですね、家族や友人たちにも本当に何から何までお世話になってしまいました。

この10日間くらい、みんなからいろいろもらい続けた分、これからは自分からみんなに、出来るだけ返していきたいです。

さて、昨日書いた、僕なりの退院の儀式というか何というか、自分の中でこの約10日間を締めくくるのに、今日、自分の病床のスペースに、インスタレーションをつくりました。ここに来てから描いたドローイングと、ここで食べた毎日の食事のメニュー表と、テレビとビデオカメラを使ってつくってみました。
明日いっぱい展示します。

看護士の方々が定期的に見回るので、そのときに看護士の方々にみてもらえます。インスタレーションという単語は病院では通じませんが、みんな不思議そうにしながらさらっとみてくれます。そんな看護士たちのおかげで思ったよりもいい感じの空間になってくれています。

今日これをつくるのに、一度秋葉原へ買い物に行きました。外に出てしばらくすると、入院生活がものすごく非現実的空間だったことに、ちょっと怖さを感じました。
つくりながらだんだん、自分の感覚が現実的な感覚になってきた感じがしました。
さっき回ってきた薬剤師によると、薬によっては効果が1週間くらい残るものもあるそうで、手術のときに使った何かの薬の効果がだんだん切れてきたっていう、単純にそういうこともあるかもしれません。

飾り付けした自分の病床で、これからは目のことも自分でいろいろ頑張らなきゃだなーとか、退院後のことなんかを、今日は考えています。

それでは。

ちなみに 今日から 「仰向け」解禁です◎

消灯になりました。
ヨッシャー仰向け仰向けー
ああー
なんて気持ちよい 仰向けー 笑

おやすみなさい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
網膜便り8月13日

コメントありがとうございます、返せませんがとても嬉しく読んでいます、お許しください。

退院予定日が知らされました。来週の火曜日です。
明日のモルタル座談会&上映会と日曜日の秩父フェスが、、行けなくなりました、、すげー面白そうですげー行きたかったのですが、、残念です。悔しい。ビデオ、写真、記事など、何かしらの記録を見るのを楽しみにしてます。

目のほうは空気が抜けるのを待ちます。

退院予定日が決まったので、僕も退院の準備を始めています。
入院中に、ドローイングいく枚か書いたり、パフォーマンスみたいな行為のビデオを撮ったり、できる範囲でそれなりにいろいろやってきたので、退院に合わせて何かやろうと思います。
詳細は明日発表予定です。

毎日なんだかんだで誰かが寄っていってくれます。ありがたいです。みんなにオススメCDを焼いてきてもらっているので、たくさんCDを手に入れました。それぞれの個性が伺えて楽しいです。

今日はある人が、千羽に限りなく近い折り鶴、を持ってきたので何だかとてもとても場違いながら、ベッドの真上に飾らせてもらいました。

みんなにお世話になっています。ありがとうございます。

あと少し。

では〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
網膜便り8月12日

昨日もコメントありがとうございます、返せずごめんなさい、見るの楽しみになってます、ありがとうございます。

今日もまた良い知らせがありました。
これまで「うつ伏せ」だけだったのが、今日から「左を下」にして寝るのもOKになりました。網膜が思ったよりもうまくくっついていることと、眼球内に注入した空気がかなり少なくなってきてくれていることがその理由です。

今日はまた、一つ留意しておく事も伝えられました。
今回の僕の網膜剥離では、一般的な網膜剥離の場合にはあるはずの網膜にあいた穴がまだ見つかっていません。一応剥がれた網膜は元に戻りつつありますが、もしまだ穴がどこかに隠れているとしたらそこを塞がないと、また網膜剥離になります。実は網膜剥離の手術における二次災害の一番可能性の高いのが、再びの網膜剥離だそうです。僕の網膜に穴があるかどうかは、眼球内の空気が全部出きったら、診察をして判断できるそうです。
空気が出きるまで多分あと1日か2日だと思います。そのときに良い結果を聴けるといいなと思います。

そんなこんなで、退院はまだちょっと先になりそうです。

家族や友人がお見舞いに来てくれていて、とても感謝してます。

ではまた〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
網膜便り8月11日

コメントありがとうございます、嬉しいです、一つ一つ返せず本当ごめんなさい。

ちょうど先週の今日の今ごろ、右目の視野が欠けてきたのに気がついたんでした。
それから、なんだか、ダアー、と時間が流れた感じです。

今日はいい知らせが届きました。
剥がれた網膜をくっつけるために眼球内に入れた空気が60%くらいなくなったので、さっき担当医師たちが網膜の断層写真を撮って調べてみた結果、予想よりもうまい具合に剥がれていた網膜がくっついている、とのことでした。僕にも術前術後の断層写真を見せてくれて、それを見ると確かに、離れていた2本の線がくっつけられて1本になっていました。

ヨッシャー

あともう少し、空気が抜けきるまで、うつ伏せを頑張ります。

網膜がうまくくっつけられれば、あとは入れてもらった人口レンズの使い方を訓練して、視力を戻す努力をすることになると思います。

とりあえずは、「網膜を修復する」という、一区切りのゴールが見えてきて、ほっとしました。

油断せず、引き続き、うつ伏せします。

早く退院して、今週日曜日の、秩父フェスと、モルタルの座談会&上映会行きたいなーー。

ではまた〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
網膜便り8月10日

相変わらずコメント返せずごめんなさい。ありがとうございます。

今日もうつ伏せ生活です。

昨日部屋を代わることができました。最初の部屋は、なななんと一泊39000円でした。入退院受付でいきなり「それでは入院中に現金で38万円払ってください」と言われたときは一瞬知らない国の言葉を話されたような感覚になりました。
移ってきた部屋は4人部屋で一泊6800円。窓際で景色も良く、全然問題ありません。

こっちに移って来てから、雑音の心地よさをしみじみ感じます。高い高い個室にいた時は聞こえなかった、看護士たちの話声や作業音、患者を見舞う人たちの足音、静かめな話声、寝返りをうつときの布団のこすれる音、携帯を開く音閉じる音、イヤホンから漏れるテレビの音、水が喉を通る音、呼吸の音、などなど、そういう環境音・生活音がなんだかとても優しく感じられます。
加えて今日は、雨の音も鳴ってくれています。

こっちの部屋に来てからCDを聞く回数がちょっと減りました。

さて、まだしばらくうつ伏せは続きそうです。

ではまた〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
網膜便り8月9日

またコメント返さないままで、すみません、とても力になってますありがとうございます◎

西島さんの行為はうまく実行されたようで、嬉しいです。

眼球の中にはまだ3分の2くらい空気が残っているようです。眼帯を外して右目で見てみると、ちょうど水中から顔を半分出した時みたいに、視界の下半分が水を透かしたように揺れて見えます。空気が全部抜けるとこれが全部普通に見えるようになるようです。

ちょっと気になるのは、いま普通に見える右目の視界の上半分が、かなり歪んでるというか屈折してることです。これはどうやらもう元には戻らないような気が、直感的にします。ほうっておけば失明だったというのを考えれば、見える、というだけでかなりましか、と思いながらも、やっぱりちょっと名残惜しい気持ちになります。

今回の事は、いろいろと、自分の生活を見直す機会になりそうです。
考えてみれば、そういう事はこれまでに何回か経て来ているわけで、今回だけ特別というわけでもありませんが、こういう事はその都度その都度、今回こそは一大事だ、と思いたくなりやすいものだと感じます。

さてさて、
まだしばらく、うつ伏せは続きそうです。

ではまた〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
網膜便り8月8日

前の日記にコメントをくださった皆さん本当ありがとうございます、一人一人返せませんが、お許しください、ごめんなさい。

手術終わって、昨日今日とずっとうつ伏せになっています。眼球内に入れた空気の圧力で網膜をくっつける計画で、そのためには手術後4〜5日の間顔を下にむけている必要があるそうで、そうしてます。
空気が抜けたら、手術の成果が判断出来るそうで、それまではひたすらうつ伏せで待ちます。

高い高い部屋からは明日引っ越し出来るようになり一安心です。

出来るだけ早く退院したいものです。
お世話になってる人たちがたくさん出る秩父フェスに間に合いたいな〜。今月のパン屋は23日だからそれまでにはたぶん大丈夫だと思うけど。もし退院できなくてもパン屋はやります。そのときには方法考えます。

今日の夜7時から、名古屋在住の西島一洋さんが闇の行為を行うようです。僕の目のことも祈ってくれるとのことで、僕も7時から西島さんの行為の成功を祈ろうと思います。

それまでしばらくうつ伏せです。

ではまた〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
網膜便り8月6日(初回)

先月のパン屋が終わってから、友人が深谷で映画を撮るのを手伝っていました。撮影は無事終わりあとは編集などを経て完成するはずです。

ほっと一息いれていたら、ふいに、右目が曇りはじめ、医者に行ったら、網膜剥離だそうで、そのまま入院、今日夕方から手術ってことになりました。

視力回復してくれるといいなーー と思ってます。

ちなみに、急な入院のために値段の高い部屋しか空いていなかったそうで、この病室からは東京ドーム周辺がよく見渡せます、が値段がかなり気に入らないので出来るだけはやく安い部屋に移してくれるようにお願いしています。

入院中はせっかく時間があるので、読者とお絵描きとパフォーマンスを出来るだけたくさんやろうと思います。

ではまた〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Comments

    • 西島一洋's comment
    • 2009年08月27日 11:04
    • 5 8月8日、野本翔平氏の回復を祈って、「闇」と書く。闇の「門」の中の「音」が下にはみ出そうになったので、「立」の下の「日」を平たく書いた。…ら、形象としての目になった。奇しくも偶然。不思議の当然。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 9月定例市議会で一般質問します
  • 9月定例市議会で一般質問します
  • 9月定例市議会で一般質問します
  • 9月定例市議会で一般質問します
  • 9月定例市議会で一般質問します
  • 9月定例市議会で一般質問します
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ